100均グッズで手作り カーテンボックス&ファブリックパネル①

北欧生地のファブリックパネルにずっとあこがれてました。
昨年、北欧を旅したというのもあって、
北欧インテリア熱が続いています・・!

ただ、壁面にピクチャーレールとか無いし、
賃貸だから壁に直接取り付けるわけにはいかないし・・・。
カーテンレールの上なら置けるかなぁ・・・。
でも、カーテンボックス無いしなぁ・・・。作るか!

と、いうわけで、カーテンボックスもどきを
DIYすることになりました。

完成したのがこちら。

画像



画像


ちょっといい雰囲気になったかなぁと、思います。
(夜の明かりで撮影したからってのもあるけど)


カーテンボックスを作った材料&道具は、
ダイソーの100均グッズ、ガムテープ、ハサミ、カッター、定規、
これだけ。

そして、総額420円。
これだけ!
(100均グッズ以外は家にあった物)

 ※カーテンレールの幅:1m

<100均グッズ>
 ・PP厚板シート 半透明カラー 335×500mm 厚さ1mm 
  2枚
画像


 ・木目調補修テープ ブラウン 75×200mm
  2枚
画像

以前、「100均の木目調補修テープで安っぽい家具をリメイク」
で、使ったものと同じ素材です。

では、作り方~♪

①PPシートをカットする。

 PPシートは、定規を当ててカッターでキズを付ければ、
 パキッと簡単に折ることができます。

 
画像



②組み立てる。
 ガムテで貼って、組み立てました。

 
画像


③木目テープを貼る。

画像

  外側(表面)は、すべて木目テープを貼ります。

  内側(裏面)は、見える場所だけ木目を貼ればいいと思います。
  両サイドと壁側は、内側にも木目を、
  手前になる部分の内側は、テープの貼りあわせが
  透けないようにガムテープ貼りにしました。


④カーテンレールに乗せる。

 レールの上に段差があったので、
 カーテンボックスとレールの間に、
 段ボールを挟みました。(ただ乗せただけ)

 
画像


 そして、カーテンボックスを乗せて、
 できあがりー。
画像


 木目調だけど、木製ではないので、
 とっても軽量。
 取付けは、ねじ、くぎ、テープ、接着剤等を一切使わず
 乗せているだけなので、取り外しはとても簡単です。


実は、①~④のまでやった後、
ちょっと寸足らずだったので、継ぎ足しました。
カーテンレール幅1mでも突起があったので、
ボックス幅が足りなくなってしまいました。
(①②の写真は、寸足らずのときの写真です)

PP厚板シートも、木目テープも
一度張ったものを、ちょこっと剥がして、貼りなおして、
パッチワーク状態。
表から見てもわからないから、このままでいいかな?っと。


最終寸法: 幅103.0 × 奥11.5 × 高10.5 cm
 
 
 ※追記(各面のPP厚板シートのサイズ)

  上面 103.0×11.5
  前面 103.0×10.5
  両サイド 11.5×10.5 (2枚)
  後面 7.0×10.5 (2枚)


 PP厚板シートは、この寸法でカットすると良さそう。
 ※ダイソーのPP厚板シート(335×500mm 厚さ1mm)から
   パーツを切り出す場合のサイズ

  50.0×11.5 2枚 (上面)
  50.0×10.5 2枚 (前面)
  11.5×10.5 2枚 (両サイド)
   7.0×10.5 2枚 (後面)
   3.0×11.5 1枚 (上面)
   3.0×10.5 1枚 (前面)


相変わらずクオリティは低いけど、
気に入ったカーテンが見つからず、
端を縫っただけの布を木製ピンチで留めて
カーテン代わりにしただけ、という
私の部屋のチープな窓辺に、お似合いなのかも。

ちなみに、厚手のカーテンをきちんとつけるとこんな感じ。

画像


画像


それほど違和感はありませんが、
カーテンを開けた時には、カーテンボックスの奥行きが
プラス2cmあった方が良いかもしれません。

ちょっと大きくすると、木目シートがもう1枚必要になっちゃうけど。


ファブリックパネルもどきについては、今度書きますね。

 

この記事へのトラックバック